3通りの乳酸菌の摂取方法と期間に関する違い

3通りの乳酸菌の摂取方法と期間に関する違い

乳酸菌を摂取する方法は、大きく分ければ3通りになります。まず整腸剤など用いて、乳酸菌を摂取する方法がありますね。ドラッグストアなどでは、よくそのタイプの商品が販売されています。それとヨーグルトとサプリメントですね。

 

ヨーグルトは効果発揮までには日数を要する

 

ところでその3つの方法は、良い兆候が見られるまでの期間に関する違いがあります。上記の3つの中で最も時間がかかるのは、やはりヨーグルトですね。

 

一般的にヨーグルトの場合は、少なくとも1ヶ月ほどは見た方が良いと思います。病院などから処方される薬と違って、即日効果を発揮してくれるような物ではありません。

 

ただそれも個人差がありますね。人によっては1ヶ月ではなく数ヶ月ほどかかってしまう事もあります。

 

参考サイト
忙しい方のための善玉菌増やし方講座

 

ちなみにヨーグルトではなく漬物で乳酸菌を摂取する事も可能ですが、それもやはり1ヶ月ほど見た方が良いでしょう

 

比較的早く良い兆候が見られるサプリメントと整腸剤

 

それとサプリメントの場合は、さすがにヨーグルトほど時間がかかる事は少ないようです。
私は以前にある乳酸菌サプリメントの口コミを読んだ事があるのですが、ある方は摂取した翌日には変化が見られたようですね。ちょっとお通じが変化したそうです。

 

それはサプリメントとしては、ちょっと早い方ですね。実際には1週間ほどかかる事が多いようです。
そして一番速やかに効果を発揮してくれるのは、整腸剤ではあります。現に内科から処方される整腸剤なども、比較的早く腸の調子が良くなる事が多いです。

 

ただ整腸剤には1つデメリットがあって、副作用が発生するものもいくつか見られるのですね。このため医療機関や薬剤師などに確認をして、無難な整腸剤を選ぶようにするのは大事ですね。その代わり効果が出てくるまでの期間は短いです。

 

このように乳酸菌を摂取する方法には3通りあるのですが、ちょっと日数の違いがある訳ですね。