あまり多すぎる乳酸菌は却って害になる

あまり多すぎる乳酸菌は却って害になる

乳酸菌は、胃酸によって死滅させられてしまう一面があります。それを聞くと、数で対抗しようという考え方が浮上します。
1つの製品に含まれている乳酸菌はたかが知れていますが、大量摂取すれば対抗できるという考え方もありますね。

 

大量摂取が良くない理由と胃に対する負担

 

しかし乳酸菌は、大量に飲むのはちょっと止めておいた方が良いです。その理由ですが、胃に対する負担ですね。
以前に私が内科の医師から聞いた話なのですが、乳製品というのは胃に対して大きな負担をかけてしまうのだそうです。ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌自体は問題無いのですが、乳製品という特質上どうしても胃に負担がかかってしまうそうです
そのような乳製品を大量に摂取してしまえば、やはり胃に対する負担も大きくなってしまうでしょう。それで胃が痛くなってしまう可能性も高まりますので、やはり大量に摂取するのは止めておいた方が良いと思います。

 

腸への負担も大きくなってしまう乳酸菌の大量摂取

 

また良いだけでなく、腸に対しても同様です。人によっては、あまり腸の調子が良くない事もありますね。そこに大量のヨーグルトを流してしまいますと、むしろ腸内環境が悪化してしまう可能性があります。腸に対する負担という意味でも、乳酸菌を大量に摂取するのは控えた方が良いです。
大量に飲むというよりも、むしろ「常用」という考え方の方が大切だと思います。1日や2日で効果が出るものではありませんので、長期間に渡ってそれを飲む事を考えた方が良いですね。つまり短期集中で大量に飲むよりも、長期間に渡って少しづつ飲んでいくというイメージですね。
物事は何事も加減が大事と言われます。ヨーグルトによる乳酸菌の摂取も、その一例と言えるでしょう。