乳酸菌に関する製品の売り上げと酪農地域との関係

乳酸菌に関する製品の売り上げと酪農地域との関係

乳酸菌は、ご存知の通りヨーグルトの中には非常に多く含まれています。ところで、そのヨーグルトの売上に関する少々興味深いデータがあります。乳酸菌製品に関する売上金額は、地域性との関係が見られるからです

 

地域とヨーグルトの売上金額との関係

 

ヨーグルトというのは、明らかな乳製品ですね。牛乳と大きく結びついている製品ゆえに、酪農地域とは大きな関係があると言われています。
例えば東北地方です。あそこはかなり酪農が盛んな地域なのですが、乳酸菌の製品の売り上げが比較的大きいそうです。1世帯あたりの売り上げの金額は、他の地域に比べるとかなり高い状況のようですね
理由はもちろん酪農でしょう。酪農が盛んな場所が近くにあれば、やはりその地域の方々はヨーグルトなどは購入しやすいかと思います。
それと北関東地域などでも酪農が非常に盛んなのですが、そこでも乳酸菌の製品の売上高は比較的高い状況のようです。つまり酪農が盛んな地域は、「乳酸菌の消費量」も比較的多い訳ですね

 

酪農地域から遠い場所での乳酸菌の販促活動が検討されている

 

では逆にそこから遠い地域の場合はどのような状況かというと、まだ売り上げは低いのが実情のようです。やはり遠い地域の場合は、乳酸菌の消費量もちょっと控え目な状況のようですね。
そして最近の乳酸菌のメーカーは、その状況に注目をしているのだそうです。遠い地域の場合はまだまだ売り上げを伸ばせる可能性がありますので、酪農地域だけでなく遠方の地域での販促活動を強化する事を考えているようですね
思えば最近では、乳酸菌がにわかに脚光を浴びている一面もあります。需要はとても多い商品だと思いますので、遠方の地域でもまだまだ売り上げを伸ばす事は可能だと察します。