悪玉菌とサヨナラ。善玉菌を増やすために

老化と寿命に関する効果が見込めるプラズマ乳酸菌

最近、プラズマ乳酸菌と呼ばれるタイプが注目されているようです。なぜならその乳酸菌は、老化と寿命に対する効果が期待されているのだそうです。ちなみにそれは、ある有名なメーカーによって実施された実験によるものです。

 

プラズマ乳酸菌を用いた老化に関する実験

 

write.jpg

そのメーカーでは、マウスを用いて乳酸菌に関する実験を行ったのだそうです。

 

Aというグループに対しては、通常の食事を与え続けたようですね。それに対してBグループには、プラズマ乳酸菌を含む食事を与えたという実験です

 

それによると、まず老化の違いが見られたそうです。

Aのグループの場合は通常の食事ですので、老化のスピードが通常通りでした。ところがBのグループの場合は、なかなか老化しなかったのだそうです。

というよりも、むしろ若々しい状態だったようですね。ですのでプラズマ乳酸菌は、老化防止の効果が期待できるのかなと思います。

 

寿命に関する実験結果

 

022073.jpg

それと、寿命に関する実験も行われました。Bのグループの場合は、ある年齢を経過しても死亡率は高まらなかったのだそうです。ところがAのグループの場合は一般的な食事ですので、ある一定の年齢を迎えると、老衰で死亡してしまったそうです。

 

という事はプラズマ乳酸菌は、寿命を延ばす為の効果も見込まれるのでしょう。

 

もっとも上記のデータは、マウスに対するものですね。人間に対して上記のような効果が現れるかどうかは、現時点では何とも言えません。

 

しかしマウスも人間も、同じ哺乳類ではありますね。プラズマ乳酸菌が人間に対して、何らかのポジティブな効果を発揮してくれる事は期待できるでしょう

 

恐らく今後は、何らかのプラズマ乳酸菌の製品が販売されると思います。それは多くの人々に対して、きっとポジティブな効果を発揮してくれると予想する次第です。

お薬を飲む時には、当然ですが水などを用いる事になるでしょう。カプセル状の薬や粉末などを問わず、たいていは水で服用する事になりますね。

 

そして乳酸菌のサプリを服用するのも、確かに水の方が無難ではあります。しかし人によっては、ちょっと変わった方法でそれを服用している事があるのです。

 

お腹の調子がサプリで改善された事例

 

099123.png

以前に次のような事例がありました。ある方は、ちょっと普段からお腹の調子がしっくりしなかったようですね。どうもお腹が今一つだったので、何とかして改善する必要があると思っていたのだそうです。

 

参考サイト:植物性乳酸菌、はじめましょう

 

そしてある日に、その方はインターネットでお腹の調子を改善するための方法を調べていたところ、乳酸菌のサプリを発見したのですね。それでお試し品を服用した結果、だいぶお腹の調子が変わってきました。今までは朝のお通じなどもしっくり来なかったのですが、だいぶそれも改善されたようですね。

 

上記の事例は、乳酸菌サプリの典型例の1つだと思います。そのような話はとても多いのですね。

 

コーヒーを用いてサプリを服用している方も

 

099124.png

ところで上記の方は、そのサプリを服用する方法が少々特殊でした。コーヒーを用いていたようなのですね。
錠剤がサプリなので、一般的には水を用いる事にはなるでしょう。しかしその方の場合はあえてコーヒーを用いて、サプリを飲んでいた訳ですから、やや特殊なのは確実ですね

 

しかしそのサプリは、それで別に問題は無いのだそうです。薬剤とは違って、コーヒーと混ぜてしまっても何か問題が発生する事が無いからです。味噌汁に混ぜて飲んでいる方も、中にはいらっしゃるようですね。

 

ただしサプリによっては、たまに例外もあるようです。大抵は使用上の注意という項目にそれが記載されていますので、サプリを服用する前に確認しておく方が無難ではありますね。

続きを読む≫ 2015/04/05 12:38:05

乳酸菌を摂取する方法は、大きく分ければ3通りになります。まず整腸剤など用いて、乳酸菌を摂取する方法がありますね。ドラッグストアなどでは、よくそのタイプの商品が販売されています。それとヨーグルトとサプリメントですね。

 

ヨーグルトは効果発揮までには日数を要する

 

ところでその3つの方法は、良い兆候が見られるまでの期間に関する違いがあります。上記の3つの中で最も時間がかかるのは、やはりヨーグルトですね。

 

一般的にヨーグルトの場合は、少なくとも1ヶ月ほどは見た方が良いと思います。病院などから処方される薬と違って、即日効果を発揮してくれるような物ではありません。

 

ただそれも個人差がありますね。人によっては1ヶ月ではなく数ヶ月ほどかかってしまう事もあります。

 

参考サイト
忙しい方のための善玉菌増やし方講座

 

ちなみにヨーグルトではなく漬物で乳酸菌を摂取する事も可能ですが、それもやはり1ヶ月ほど見た方が良いでしょう

 

比較的早く良い兆候が見られるサプリメントと整腸剤

 

それとサプリメントの場合は、さすがにヨーグルトほど時間がかかる事は少ないようです。
私は以前にある乳酸菌サプリメントの口コミを読んだ事があるのですが、ある方は摂取した翌日には変化が見られたようですね。ちょっとお通じが変化したそうです。

 

それはサプリメントとしては、ちょっと早い方ですね。実際には1週間ほどかかる事が多いようです。
そして一番速やかに効果を発揮してくれるのは、整腸剤ではあります。現に内科から処方される整腸剤なども、比較的早く腸の調子が良くなる事が多いです。

 

ただ整腸剤には1つデメリットがあって、副作用が発生するものもいくつか見られるのですね。このため医療機関や薬剤師などに確認をして、無難な整腸剤を選ぶようにするのは大事ですね。その代わり効果が出てくるまでの期間は短いです。

 

このように乳酸菌を摂取する方法には3通りあるのですが、ちょっと日数の違いがある訳ですね。

続きを読む≫ 2015/03/25 16:53:25

私の知り合いの1人に、ちょっと興味深い人がいます。その方の特徴ですが、とにかくよく食べますね。いわゆる「食いしん坊」という表現を用いても、差し支えないと思います。
知り合いは、とにかく食べる事に対して興味を持っているようです。毎日何かにつけて、とにかく美味しそうなものがあれば積極的に食べている方ですね。非常に食欲が旺盛という訳です。
そして私はその方は、乳酸菌に気を使っているのかなと最近考えています。

 

とても多く食べているのに非常に元気な知り合い

 

ところでその方のもう1つの特徴ですが、とても頑丈だと思います。
あれだけ多くの物を食べていれば、ちょっと身体がおかしくなっても不思議は無いと思うのです。食べすぎはあまり体に良くないですね。
ところがあの方の場合は、ほとんど病気になりません。しかも体型も非常にスリムですね。痩せているという程ではありませんが、あれだけ食べているにもかかわらずスリムなのはちょっと不思議です。

 

乳酸菌の摂取を心がけているのでスリムな知り合い

 

あの方は、特に運動を心がけている訳でもないようです。むしろそれほど運動をしない方だと思いますね。
という事は、考えられる理由としては乳酸菌です。あれだけ普段から多くの物を食べているとなると、ちょっとお腹の調子が悪くなってもおかしくは無いので、それを防止する為に乳酸菌を摂取している可能性がありますね。乳酸菌は腸内環境を整えてくれる効能がありますので、普段の食生活でそれを積極的に摂取している可能性はあります。
思えば私たちの身の回りには、案外そのような方は多いと思います。よく食べているのに、とてもスリムなタイプの方ですね。そのような方に限って、実は普段の食生活で乳酸菌の摂取を心がけているのかもしれません

続きを読む≫ 2015/03/13 04:26:13

乳酸菌は、腸に対してとても良い効果が見込まれています。しかし実は、その菌類はスキンに対しても大きな効果が見込まれるのだそうです
ただしそれは乳酸菌を経口摂取するという意味ではありません。確かにその方法でも肌に対して間接的な影響を及ぼしてくれるのですが、もっとダイレクトに乳酸菌を肌に直接塗るという方法があるのです。

 

乳酸菌水の作り方とその効果

 

ただしその際には、まず乳酸菌水と呼ばれるものを作る必要があります。米を取りますと、白い汁が出てくるでしょう。それに対してを砂糖と塩を加えてあげて、ペットボトルの容器に注ぎます。それで常温で数日ほど置きますと、乳酸菌水と呼ばれるものが生成されるのです。
ではその水にはどのような効果があるかと言うと、まず肌がスベスベになってくれるのだそうです。保湿効果などもありますので、美肌なども期待できますね
また乳酸菌水は、実は火傷に対してもポジティブな効果が見込まれると言われています。その水を塗った結果、火傷の症状が改善されたという事例もあったそうです。ですので乳酸菌水は、お肌に対しては良い効果が見込める訳ですね。

 

乳酸菌水を用いる時の注意点

 

ただしアレルギーにはちょっと注意をする必要があります。敏感肌の方も中にはいらっしゃるのですが、その方々の場合は乳酸菌水を塗ってしまうと、肌トラブルが発生してしまう事もあるのだそうです。痒みなどを伴ってしまう事例が多いそうですね。
ですのでお肌が敏感な方々の場合は、少量テストをしてみるのも1つの方法でしょう。ほんの少しだけ使ってみて何か問題点が発生するようならば、ちょっと使用するのは控えた方が無難かもしれませんね。もしくは皮膚科などに相談をしてみるのも良いと思います。

続きを読む≫ 2015/03/13 04:26:13

乳酸菌は、胃酸によって死滅させられてしまう一面があります。それを聞くと、数で対抗しようという考え方が浮上します。
1つの製品に含まれている乳酸菌はたかが知れていますが、大量摂取すれば対抗できるという考え方もありますね。

 

大量摂取が良くない理由と胃に対する負担

 

しかし乳酸菌は、大量に飲むのはちょっと止めておいた方が良いです。その理由ですが、胃に対する負担ですね。
以前に私が内科の医師から聞いた話なのですが、乳製品というのは胃に対して大きな負担をかけてしまうのだそうです。ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌自体は問題無いのですが、乳製品という特質上どうしても胃に負担がかかってしまうそうです
そのような乳製品を大量に摂取してしまえば、やはり胃に対する負担も大きくなってしまうでしょう。それで胃が痛くなってしまう可能性も高まりますので、やはり大量に摂取するのは止めておいた方が良いと思います。

 

腸への負担も大きくなってしまう乳酸菌の大量摂取

 

また良いだけでなく、腸に対しても同様です。人によっては、あまり腸の調子が良くない事もありますね。そこに大量のヨーグルトを流してしまいますと、むしろ腸内環境が悪化してしまう可能性があります。腸に対する負担という意味でも、乳酸菌を大量に摂取するのは控えた方が良いです。
大量に飲むというよりも、むしろ「常用」という考え方の方が大切だと思います。1日や2日で効果が出るものではありませんので、長期間に渡ってそれを飲む事を考えた方が良いですね。つまり短期集中で大量に飲むよりも、長期間に渡って少しづつ飲んでいくというイメージですね。
物事は何事も加減が大事と言われます。ヨーグルトによる乳酸菌の摂取も、その一例と言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/03/13 04:25:13

乳酸菌は、ご存知の通りヨーグルトの中には非常に多く含まれています。ところで、そのヨーグルトの売上に関する少々興味深いデータがあります。乳酸菌製品に関する売上金額は、地域性との関係が見られるからです

 

地域とヨーグルトの売上金額との関係

 

ヨーグルトというのは、明らかな乳製品ですね。牛乳と大きく結びついている製品ゆえに、酪農地域とは大きな関係があると言われています。
例えば東北地方です。あそこはかなり酪農が盛んな地域なのですが、乳酸菌の製品の売り上げが比較的大きいそうです。1世帯あたりの売り上げの金額は、他の地域に比べるとかなり高い状況のようですね
理由はもちろん酪農でしょう。酪農が盛んな場所が近くにあれば、やはりその地域の方々はヨーグルトなどは購入しやすいかと思います。
それと北関東地域などでも酪農が非常に盛んなのですが、そこでも乳酸菌の製品の売上高は比較的高い状況のようです。つまり酪農が盛んな地域は、「乳酸菌の消費量」も比較的多い訳ですね

 

酪農地域から遠い場所での乳酸菌の販促活動が検討されている

 

では逆にそこから遠い地域の場合はどのような状況かというと、まだ売り上げは低いのが実情のようです。やはり遠い地域の場合は、乳酸菌の消費量もちょっと控え目な状況のようですね。
そして最近の乳酸菌のメーカーは、その状況に注目をしているのだそうです。遠い地域の場合はまだまだ売り上げを伸ばせる可能性がありますので、酪農地域だけでなく遠方の地域での販促活動を強化する事を考えているようですね
思えば最近では、乳酸菌がにわかに脚光を浴びている一面もあります。需要はとても多い商品だと思いますので、遠方の地域でもまだまだ売り上げを伸ばす事は可能だと察します。

続きを読む≫ 2015/03/13 04:24:13